日アカのノミネート一覧

作品賞 | 俳優4部門主演男優賞主演女優賞助演男優賞助演女優賞新人賞 | 監督賞脚本賞アニメ賞
技術部門音楽賞撮影賞照明賞録音賞美術賞編集賞 | 外国作品賞

部門 受賞 ノミネート
▼「ゴジラ」が有力▼
作品賞
3月8日(金)発表
  • 「ゴジラ-1.0」
    ゴジラ-1.0
     監督:山崎貴
    (配給:東宝)
    作品説明へ


  • 「パーフェクト・デイズ」
    パーフェクト・デイズ
     監督:ビム・ベンダース
    (配給:ビターズ・エンド)


  • 「福田村事件」
    福田村事件
     監督:森達也
    (配給:太秦)


  • 「怪物」
    怪物
     監督:是枝裕和
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 「こんにちは、母さん」
     監督:山田洋次
    (配給:松竹)


 ※キネ旬の作品賞(2024)→

 ※歴代の作品賞→

一覧の上部に戻る↑

俳優4部門

主演男優賞主演女優賞助演男優賞助演女優賞

部門 受賞 ノミネート
▼鈴木も名演だったが、
今回の役所は歴史的な別格▼
主演男優賞
3月8日(金)発表
  • 役所広司
    「パーフェクト・デイズ」
    (配給:ビターズ・エンド)
    役所広司


  • 鈴木亮平
    「エゴイスト」
    (配給:東京テアトル)
    鈴木亮平


  • 阿部サダヲ
    「シャイロックの子供たち」
    (配給:松竹)


  • 水上恒司
    「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
    (配給:松竹)


  • 神木隆之介
    「ゴジラ-1.0」
    (配給:東宝)


 ※キネ旬の主演男優賞(2024)→

 ※歴代の主演男優賞→

一覧の上部に戻る↑
▼配給大手3社のごり押しに負けず、
独立系から唯一候補入りした杉咲は本物▼
主演女優賞
3月8日(金)発表
  • 杉咲花(すぎさき・はな)
    「市子」
    (配給:ハピネットファントム)
    杉咲花


  • 安藤サクラ
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 吉永小百合
    「こんにちは、母さん」
    (配給:松竹)


  • 綾瀬はるか
    「リボルバー・リリー」
    (配給:東映)


  • 浜辺美波
    「ゴジラ-1.0」
    (配給:東宝)


 ※キネ旬の主演女優賞(2024)→

 ※歴代の主演女優賞→

一覧の上部に戻る↑
賞レース独走中の磯村「一択」か▼
助演男優賞
3月8日(金)発表
  • 磯村勇斗(はやと)
    「月」
    (配給:スターサンズ)
    磯村勇斗


  • 加瀬亮
    「首」
    (配給:角川、東宝)


  • 伊藤健太郎
    「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
    (配給:松竹)


  • 大泉洋
    「こんにちは、母さん」
    (配給:松竹)


  • 菅田将暉
    「銀河鉄道の父」
    (配給:キノフィルムズ)


 ※キネ旬の助演男優賞(2024)→

 ※歴代の助演男優賞→

一覧の上部に戻る↑
▼賞レース総ナメの二階堂(月)らが排除され、
残るはゴジラに深みを与えた女王・安藤▼
助演女優賞
3月8日(金)発表
  • 安藤サクラ
    「ゴジラ-1.0」
    (配給:東宝)
    安藤サクラ


  • 上戸彩
    「シャイロックの子供たち」
    (配給:松竹)


  • 永野芽郁
    「こんにちは、母さん」
    (配給:松竹)


  • 松坂慶子
    「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
    (配給:松竹)


  • 浜辺美波
    「シン・仮面ライダー」
    (配給:東映)


 ※キネ旬の助演女優賞(2024)→

 ※歴代の助演女優賞→

一覧の上部に戻る↑

新人俳優賞

新人俳優賞はノミネートのみを選出して終了となる。

男優女優

部門 男女 受賞
▼答えは「キネ旬ベスト」で確認▼
新人俳優賞 男優
  • 柊木陽太(ひいらぎ・ひなた)
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)
    柊木陽太


  • 黒川想矢
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 市川染五郎
    「レジェンド&バタフライ」
    (配給:東映)


  • 高橋文哉
    「交換ウソ日記」
    (配給:松竹)



  • ▼参考:
    キネ旬ベストテン
  • 1位: 塚尾桜雅(おうが)
     塚尾桜雅
    「ほかげ」
    (配給:新日本映画社)

  • 2位: 柊木陽太(ひいらぎ・ひなた)
     柊木陽太
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)
    「1秒先の彼」
    (配給:ビターズ・エンド)

  • 3位(同点で2人) アフロ
    ※ラップグループ「MOROHA」のメンバー
    「さよなら ほやマン」
    (配給:東宝、角川)

  • 黒川想矢(そうや)
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)

  • 5位: 池川侑希弥(ゆきや)
    「雑魚どもよ、大志を抱け!」
    (配給:東映ビデオ)
女優
  • アイナ・ジ・エンド
    「キリエのうた」
    (配給:東映)
    アイナ・ジ・エンド


  • 原菜乃華
    「ミステリと言う勿れ」
    (配給:東宝)


  • 桜田ひより
    「交換ウソ日記」
    (配給:松竹)


  • 福原遥
    「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
    (配給:松竹)



  • ▼参考:
    キネ旬ベストテン
  • 1位: アイナ・ジ・エンド
     アイナ・ジ・エンド
    「キリエのうた」
    (配給:東映)

  • 2位: 山﨑七海
    「渇水」
    (配給:角川)

  • 3位: 花瀬琴音
    「遠いところ」
    (配給:ラビットハウス)

  • 4位(同点で3人) 呉城(くれしろ)久美
    「さよなら ほやマン」
    (配給:東宝、角川)

  • サリngROCK(サリングロック)
    「BAD LANDS(バッド・ランズ)」
    (配給:東映、ソニー)

  • 當真(とうま)あみ
    「水は海に向かって流れる」
    (配給:ハピネットファントム)


 ※歴代の新人俳優賞→

一覧の上部に戻る↑

監督賞・脚本賞

監督賞脚本賞

部門 受賞 ノミネート
▼作家性のベンダースか、
大衆娯楽路線が世界で開花した山崎か▼
監督賞
3月8日(金)発表
  • 山崎貴
    「ゴジラ-1.0」
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


  • ビム・ベンダース
    「パーフェクト・デイズ」
    (配給:ビターズ・エンド)
    パーフェクト・デイズ


  • 森達也
    「福田村事件」
    (配給:太秦)
    福田村事件


  • 是枝裕和
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 成田洋一
    「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
    (配給:松竹)


 ※歴代の監督賞→

一覧の上部に戻る↑
▼全国小劇場の救世主となった「福田村」。
生々しい事件録は、
松野前官房長官や小池都知事も必見▼
脚本賞
3月8日(金)発表
  • 「福田村事件」
     佐伯俊道、井上淳一、荒井晴彦
    (配給:太秦)
    福田村事件


  • 「シャイロックの子供たち」
     ツバキミチオ
    (配給:松竹)


  • 「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
     山浦雅大、成田洋一
    (配給:松竹)


  • 「こんにちは、母さん」
     山田洋次、朝原雄三
    (配給:松竹)


  • 「ゴジラ-1.0」
     山崎貴
    (配給:東宝)


 ※歴代の脚本賞→

一覧の上部に戻る↑

アニメ賞

部門 受賞 ノミネート
▼秀作ぞろいだが、輸出競争力で「君たち」に軍配▼
アニメ賞
3月8日(金)発表
  • 「君たちはどう生きるか」
    君たちはどう生きるか
     監督:宮崎駿(はやお)
     制作:ジブリ
    (配給:東宝)


  • 「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」
    鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎
    (配給:東映)


  • 「BLUE GIANT(ブルー・ジャイアント)」
    BLUE GIANT
    (配給:東宝)


  • 「窓ぎわのトットちゃん」
    窓ぎわのトットちゃん
    (配給:東宝)


  • 「名探偵コナン 黒鉄の魚影」
    (配給:東宝)


 ※歴代のアニメ賞→

一覧の上部に戻る↑

技術部門

音楽賞撮影賞照明賞美術賞録音賞編集賞

部門 受賞 ノミネート
▼「君たち」不在で「怪物対ゴジラ」か▼
音楽賞
3月8日(金)発表
  • 「怪物」
     坂本龍一
    (配給:東宝、ギャガ)
    <劇伴「Monster1」▼>


  • 「ゴジラ-1.0」
     佐藤直紀
    (配給:東宝)
    <サントラ▼>


  • 「BLUE GIANT」
     上原ひろみ
    (配給:東宝)


  • 「キリエのうた」
     小林武史
    (配給:東映)


  • 「こんにちは、母さん」
     千住明
    (配給:松竹)

 歴代の音楽賞→

一覧の上部に戻る↑
▼「月」「おきく」等を排除の愚。
ならば特撮力・空撮力により「ゴジラ」▼
撮影賞 3月8日(金)発表
  • 「ゴジラ-1.0」
     撮影:柴崎幸三
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


  • 「怪物」
     撮影:近藤龍人
    (配給:東宝、ギャガ)
    怪物


  • 「首」
     撮影:浜田毅
    (配給:角川、東宝)
    首


  • 「キングダム 運命の炎」
     撮影:佐光朗
    (配給:東宝、ソニー)


  • 「こんにちは、母さん」
     撮影:近森眞史
    (配給:松竹)


一覧の上部に戻る↑
▼「撮影賞」とのセット▼
照明賞 3月8日(金)発表
  • 「ゴジラ-1.0」
     照明:上田なりゆき
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


  • 「怪物」
     照明:尾下栄治
    (配給:東宝、ギャガ)
    怪物


  • 「首」
     照明:高屋齋
    (配給:角川、東宝)
    首


  • 「キングダム 運命の炎」
     照明:加瀬弘行
    (配給:東宝、ソニー)


  • 「こんにちは、母さん」
     照明:土山正人
    (配給:松竹)


一覧の上部に戻る↑
▼闇市など戦後の光景を再現した「ゴジラ」▼
美術賞 3月8日(金)発表
  • 「ゴジラ-1.0」
     上條安里
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


  • 「首」
     瀬下幸治
    (配給:角川、東宝)
    首


  • 「怪物」
     三ツ松けいこ、徐賢先
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 「こんにちは、母さん」
     西村貴志
    (配給:松竹)


  • 「レジェンド&バタフライ」
     橋本創
    (配給:東映)


一覧の上部に戻る↑
▼ゴジラの怖い叫び声や足音に勲章を▼
録音賞 3月8日(金)発表
  • 「ゴジラ-1.0」
     竹内久史
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


  • 「怪物」
     冨田和彦
    (配給:東宝、ギャガ)
    怪物


  • 「首」
     高野泰雄
    (配給:角川、東宝)
    首


  • 「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
     鈴木健太郎
    (配給:松竹)


  • 「こんにちは、母さん」
     長村翔太
    (配給:松竹)


一覧の上部に戻る↑
▼緊張感とメリハリのあるゴジラの見せ場▼
編集賞 3月8日(金)発表
  • 「ゴジラ-1.0」
     宮島竜治
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


  • 「怪物」
     是枝裕和
    (配給:東宝、ギャガ)
    怪物


  • 「首」
     北野武、太田義則
    (配給:角川、東宝)
    首


  • 「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
     岩間徳裕
    (配給:松竹)


  • 「こんにちは、母さん」
     杉本博史
    (配給:松竹)


一覧の上部に戻る↑

外国作品賞

部門 受賞 ノミネート
▼「ミッション」なら興行界もファンも納得▼
外国作品賞
3月8日(金)発表
  • 「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」
    (配給:東和ピクチャーズ)
    ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE


  • 「バービー」
    (配給:ワーナー)
    バービー


  • 「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
    (配給:東和ピクチャーズ)


  • 「パリタクシー」
    (配給:松竹)


  • 「TAR/ター」
    (配給:ギャガ)


 ※歴代の外国作品賞→

一覧の上部に戻る↑

▲ 日アカの結果一覧へ

日本映画レビュー年間ランキング

2023年公開の日本映画のレビュー(評点)の集計ランキングです。 「キネノート(キネマ旬報)」「映画.com」「フィルマークス」におけるレビュー(評点)の平均点です。 媒体としての実績・歴史・信頼度等をふまえ、キネノートは1.5倍、映画.comは1倍、フィルマークスは0.5倍とする傾斜配分方式を採用しています。 (2024年1月時点)

<映画レビュー評価ランキング(年間)>
作品名 評点
「Gメン」
(配給:東映)
4.307
「BLUE GIANT」
(アニメ)
(配給:東宝)
4.202
「パーフェクト・デイズ」
(配給:ビターズ・エンド)
4.119
「TOKYO MER 走る緊急救命室」
(配給:東宝)
4.100
「福田村事件」
(配給:太秦)
4.090
「怪物」
(配給:東宝、ギャガ)
4.068
「ガールズ&パンツァー 最終章 第4話」
(アニメ)
(配給:ショウゲート)
4.012
「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」
(アニメ)
(配給:東宝)
4.007
「特別編 響け!ユーフォニアム アンサンブルコンテスト」
(アニメ)
(配給:松竹/制作:京アニ)
4.005
「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」
(配給:東宝)
3.973
「窓ぎわのトットちゃん」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.962
「エゴイスト」
(配給:東京テアトル)
3.960
「仕掛人・藤枝梅安 2」
(配給:イオンエンターテイメント)
3.947
「キングダム 運命の炎」
(配給:東宝、ソニー)
3.933
「愛にイナズマ」
(配給:東京テアトル)
3.928
「ロストケア」
(配給:東京テアトル、日活)
3.926
「少女は卒業しない」
(配給:クロックワークス)
3.922
「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」
(アニメ)
(配給:東映)
3.922
「Winny」
(配給:KDDI、ナカチカ)
3.913
「市子」
(配給:ハピネットファントム)
3.908
「Single8」
(配給:マジックアワー)
3.908
「あつい胸さわぎ」
(配給:イオンエンターテイメント、S・D・P)
3.903
「ケイコ 目を澄(す)ませて」
(配給:ハピネットファントム)
3.887
「すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ」
(アニメ)
(配給:アスミック・エース)
3.881
「雑魚どもよ、大志を抱け!」
(配給:東映ビデオ)
3.870
「ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー」
(配給:渋谷プロダクション)
3.863
「アナログ」
(配給:アスミック・エース、東宝)
3.861
「映画プリキュアオールスターズF 」
(アニメ)
(配給:東映)
3.860
「ほかげ」
(配給:新日本映画社)
3.858
「高野豆腐店の春」
(配給:東京テアトル)
3.854
「さよなら ほやマン」
(配給:東宝、角川)
3.852
「リバー、流れないでよ」
(配給:トリウッド)
3.847
「春に散る」
(配給:ギャガ)
3.843
「OUT」
(配給:角川)
3.838
「正欲」
(配給:ビターズ・エンド)
3.837
「ミステリと言う勿(なか)れ」
(配給:東宝)
3.833
「仕掛人・藤枝梅安」
(配給:イオンエンターテイメント)
3.828
「月」
(配給:スターサンズ)
3.820
「キリエのうた」
(配給:東映)
3.819
「世界の終わりから」
(配給:ナカチカ)
3.802
「アンダーカレント」
(配給:角川)
3.802
「わたしの幸せな結婚」
(配給:東宝)
3.801
「BAD LANDS(バッド・ランズ)」
(配給:東映、ソニー)
3.788
「最後まで行く」
(配給:東宝)
3.786
「花腐し(はなくたし)」
(配給:東映ビデオ)
3.785
「こんにちは、母さん」
(配給:松竹)
3.773
「せかいのおきく」
(配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)
3.767
「波紋」
(配給:ショウゲート)
3.763
「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 決戦」
(配給:ワーナー)
3.743
「アイドリッシュセブン LIVE 4bit BEYOND THE PERiOD」
(アニメ)
(配給:バンダイナムコ、東映)
3.739
「遠いところ」
(配給:ラビットハウス)
3.736
「セフレの品格 決意」
(配給:日活)
3.735
「死体の人」
(配給:ラビットハウス)
3.726
「交換ウソ日記」
(配給:松竹)
3.706
「映画ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.703
「銀河鉄道の父」
(配給:キノフィルムズ)
3.694
「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」
(配給:松竹)
3.687
「君たちはどう生きるか」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.665
「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命」
(配給:ワーナー)
3.655
「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」
(配給:イハフィルムズ)
3.651
「658km、陽子の旅」
(配給:カルチュア・パブリッシャーズ)
3.647
「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて」
(配給:東映)
3.644
「シャイロックの子供たち」
(配給:松竹)
3.634
「屋根裏のラジャー」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.625
「君は放課後インソムニア」
(配給:ポニーキャニオン)
3.621
「グッドバイ、バッドマガジンズ」
(配給:日活)
3.607
「逃げきれた夢」
(配給:キノフィルムズ)
3.606
「湯道」
(配給:東宝)
3.599
「アリスとテレスのまぼろし工場」
(アニメ)
(配給:ワーナー、MAPPA)
3.595
「首」
(配給:角川、東宝)
3.586
「ファミリア」
(配給:キノフィルムズ)
3.583
「山女」
(配給:アニモプロデュース)
3.582
「おまえの罪を自白しろ」
(配給:松竹)
3.563
「イチケイのカラス」
(配給:東宝)
3.552
「渇水」
(配給:角川)
3.550
「沈黙の艦隊」
(配給:東宝)
3.523
「ヴィレッジ」
(配給:角川、スターサンズ)
3.510
「零落」
(配給:日活、ハピネットファントム)
3.501
「レジェンド&バタフライ」
(配給:東映)
3.479
「ほつれる」
(配給:ビターズ・エンド)
3.479
「怪物の木こり」
(配給:ワーナー)
3.478
「春画先生」
(配給:ハピネットファントム)
3.471
「#マンホール」
(配給:ギャガ)
3.465
「シン・仮面ライダー」
(配給:東映)
3.458
「水は海に向かって流れる」
(配給:ハピネットファントム)
3.452
■ 以下、低評価
「リボルバー・リリー」
(配給:東映)
3.415
「大名倒産」
(配給:松竹)
3.412
「しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.403
「神回」
(配給:東映ビデオ)
3.352
「シティーハンター 天使の涙」
(アニメ)
(配給:アニプレックス)
3.261

ワースト評価ランキング

<ワースト評価ランキング(年間)>
順位 作品名 評点
「恐解釈 桃太郎」
(配給:配給オソレゾーン、エクストリーム)
2.455
「忌怪島(きかいじま)」
(配給:東映)
2.690
「禁じられた遊び」
(配給:東映)
2.835
「映画ネメシス 黄金螺旋の謎」
(配給:ワーナー)
3.036
「聖闘士星矢 The Beginning」
(配給:東映)
3.036

日本アカデミー賞の投票者

日本アカデミー賞で投票を行う選考委員の内訳です。

投票者の内訳

本家の米国アカデミー賞では投票者の9割以上が、監督や俳優などの「映画人」です。 しかし、日本アカデミー賞では、約8割が「組織(組織人)」で占められています。 松竹、東宝、東映などの大手映画会社のサラリーマンが中心です。 組織の意向で投票行動が左右するため、毎年、おかしい結果が出ます。

<投票権者の内訳(個人対組織)>
映画人
(監督、俳優、脚本家など)
組織
(映画会社の社員など)
日本アカデミー賞 2割 8割
アカデミー賞 9割 1割

日アカ会員の所属別の内訳(2023年)

部門 人数(前年比)
松竹 305人(前年比-13人)
※この他に子会社が多数
東映 251人(-4人)
※この他に子会社が多数
東宝 263人(+9人)
※この他に子会社が多数
賛助法人 1671人(-16人)
※東宝、東映、松竹の子会社を含む
内訳・一覧▼
KADOKAWA 355人(+59人)
日活 43人(-2人)
フリースタッフ(協会役員が認めた者) 228人(-12人)
俳優/マネージャー(俳優が所属する事務所の代表者も含む) 103人(-6人)
監督 90人(-5人)
日本映画テレビ技術協会 50人(-5人)
脚本 63人(+1人)
撮影 48人(-5人)
プロデューサー 45人(-5人)
照明 44人(-3人)
編集 30人(+1人)
美術 31人(+2人)
録音 23人(-3人)
音楽 19人(+2人)
興連 7人
外国映画輸入配給協会 3人(-2人)
受賞者特別会員ほか 278人(+22人)
合計 3950人(+15人)
出典

賛助法人の一覧(2023年)

グループ 会社一覧
松竹グループ 松竹
松竹衣裳
松竹映像センター
松竹音楽出版
松竹芸能
松竹サービスネットワーク
松竹撮影所
松竹ナビ
松竹ブロードキャスティング
松竹マルチプレックスシアターズ
BS松竹東急
東映グループ 東映
東映アニメーション
東映衛星放送
東映エ一ジエンシー
東映音楽出版
東映京都スタジオ
東映建工
東映シーエム
東映テレビ・プロダクション
東映ビデオ
東映ラボ・テック
ティ・ジョイ
東宝グループ 東宝
東宝映像美術
東宝芸能
東宝コスチューム
東宝ステラ
東宝東和
東宝ファシリティーズ
東宝ミュージック
TOHOシネマズ
TOHOスタジオ
TOHOマーケティング
その他 アーブル
青二プロダクション
アガサス
朝日放送テレビ
アジアピクチャーズエンタテインメント
アスミック・エース
アットホーム
アットムービー
アップサイド
アドクリ
アニプレックス
アネットワーク
アミューズ
アルタミラピクチャーズ
アルチンボルド
ウォルト・ディズニー・ジャパン
映画ドットコム
映画演劇文化協会
映画産業団体連合会
映画倫理機構
映像産業振興機構(VlPO)
エイベックス・ピクチャーズ
エレファントハウス
オー・エル・エム
オーエス
大蔵映画
オスカープロモーション
オフィス・シロウズ
オフィス・トゥー・ワン
オフィスクレッシェンド
ガイエ
外国映画輸入配給協会
角川アスキー総合研究所
角川大映スタジオ
角川メディアハウス
力プコン
ガル・エンタープライズ
カルチュア・エンタテインメント
関西テレビ放送
ギークサイト
木下グループ
木下工務店ほかグループ3社
木下の介護
木下の賃貸
木下不動産
キノフィルムズ
ギャガ
キャンディーフィルム
ギャンビット
共同テレビジョン
クオラス
熊谷印刷
クレデウス
グロービジョン
クロスメディア
幻冬舎
講談社
高津商会
国際放映
株式会社コミックス・ウェーブ・フィルム
コロナワールド
佐々木興業
ザフール
三映印刷
サンミュージックプロダクション
サンライズ社
ジーベックス
JR東日本企画
茂田オフィス
シネブリッジ
ジャパンアクションエンタープライズ
ジャンゴフィルム
集英社
小学館
小学館集英社プロダクション
白組
シンエイ動画
新通
スカパーJSAT
株式会社地図(スタジオ地図)
スタジオブルー
スバル興業
スペースクラフト・エージェンシー
住友商事
成旺印刷
セブンスアヴェニュー
セントラル・アーツ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ソニー・ミュージックアーティスツ
ソニー・ミュージックマーケティングユナイテッド
ソニーPCL
ソニーマーケティング
ダーウィン株式会社
ダイバーシティメディア
高津装飾美術
田辺エージェンシー
タバック
ダブ
千葉興行
ツインズジャパン
ディー・エル・イー
ディーエムエス
テイクオフ
ディスカバリー・ネクスト
デジタル・フロンティア
デジタルSKlPステーション
デスティニー
手塚プロダクション
テレビ朝日
テレビ朝日映像
テレビ東京
テレビ東京制作
テレビ東京メディアネット
電通
電通キャスティングアンドエンタテインメント
10ANTS
東急エ一ジェンシー
東急レクリエーション
東京衣裳
東京現像所
東京テアトル
東京楽天地
東放学園映画専門学校
東北新社
トムス・エンタテインメント
ドラゴンフライエンタテインメント
永瀬企画
中日本興業
名古屋テレビ放送
日活
日テレアックスオン
ニッポン放送
日本アニメーション
日本映画製作者連盟
日本映画大学
日本映画放送
日本映像ソフト協会
日本国際映画著作権協会
日本出版販売
日本照明
日本大学芸術学部
日本テレビ放送網
日本動画協会
ノックアウト
パイプライン
バカ・ザ・バッ力
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
パップ
ハピネットファントム・スタジオ
パル企画
阪急阪神ロジパートナーズ
バンダイ
バンダイナムコフィルムワークス
バンダイナムコミュージックライブ
ぴあ
BS朝日
ヒビノイマジニアリング
ヒラタオフィス
ファインエンターテイメント
ファザーズコーポレーション
ブースタープロジェクト
フジテレビ
フジパシフィックミュージック
フラッグ
プラネアール
ブレス
ブロードメディア
プロジェクトドーン
ポケット
ポニーキャニオン
ホリプロ
ホワイトドッツ
ボンズ
毎日放送
マンハッタンピープル
三葉興業
宮城テレビ放送
ムービーウォーカー
武蔵野興業
メイジャー
メディアプルポ
メモリーテック・ホールディングス
山田かつら
ユース・プラニングセンター
公益財団法人ユニジャパン
ヨコシネディーアイエー
吉本興業
読売新聞東京本社
読売テレビ放送
ラフグラフィックス
ロボット
ワーナーブラザースジャパン
和エンタテインメント
A-Bridge
ADKエモーションズ
AOIPro.
BS日本
CBCテレビ
Dolby Japan
FAB
G-STAR.PRO
GEMPartners
GUM
HJホールディングス
lMAGlCA GROUP
lMAGlCAエンタテインメントメディアサービス
JALブランドコミュニケーション
JokerFilms
KADOKAWA
LDH JAPAN
MlRAI・PlCTURES・JAPAN
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
Netflix
NHKエンタープライズ
NKL
PADMA
PFF
SDP
Softgarage
STUDIO 4℃
TBSテレビ
TBSスパークル
TCエンタテインメント
Top Coat
UNITEDPRODUCTIONS
UNO-FILMS
Yプロダクション
WOWOW
WOWOWプラス
参照

授賞式は2024年3月8日(金)

日アカの受賞結果は、2024年3月8日(金)の授賞式で発表されます。

授賞式 2024年3月8日(金)

他の国内映画賞の結果

キネマ旬報ベストテン | 毎日映画コンクール | ヨコハマ映画祭 | TAMA映画賞 |

キネマ旬報ベストテン

2023年(2024年発表)
部門 受賞者
作品賞
(ベストテン1位)
「せかいのおきく」
(192点)
 せかいのおきく

<2位以下>
2位:「パーフェクト・デイズ」(188点)
3位:「ほかげ」(171点)
4位:「福田村事件」(144点)
5位:「月」(136点)
6位:「花腐し」(109点)
7位:「怪物」(98点)
8位:「ゴジラ-1.0」(91点)
9位:「君たちはどう生きるか」(78点)
10位:「春画先生」(75点)

※歴代の作品賞▼
主演男優賞 役所広司
「パーフェクト・デイズ」
 役所広司

<2位以下>
2位:鈴木良平
3位(同点で2人)
        内野聖陽(せいよう)
        松山ケンイチ
5位(同点で3人)
        綾野剛
        池松壮亮
        光石研(みついし・けん)

※歴代の主演男優賞→
主演女優賞 趣里(しゅり)
「ほかげ」
 趣里

<2位以下>
2位:杉咲花
3位(同点で2人)
        菊地凛子
        黒木華
5位:真木よう子

※歴代の主演女優賞→
助演男優賞 磯村勇斗(はやと)
「月」「正欲」など
 磯村勇斗

<2位以下>
2位:宇崎竜童
3位:水道橋博士
4位(同点で7人)
        柄本明
        大泉洋
        寛一郎
        佐藤浩市
        永山瑛太
        三浦貴大
        リリー・フランキー

※歴代の助演男優賞→
助演女優賞 二階堂ふみ
「月」
 二階堂ふみ

<2位以下>
2位:阿川佐和子
3位(同点で3人)
        黒木華
        さとうなほみ
        趣里

※歴代の助演女優賞→
監督賞 ビム・ベンダース
「パーフェクト・デイズ」
(9票)
 パーフェクト・デイズ

<2位以下>
2位:石井裕也(8票)
3位:阪本順治(6票)
4位:塚本晋也(4票)
5位:今泉力哉(3票)
読者選出
日本映画1位
「Gメン」
(2万1049点)
 Gメン

<2位以下>
2位:「福田村事件」(2万54点)
3位:「怪物」(1万3445点)
4位:「ゴジラ-1.0」(1万2315点)
5位:「月」(9847点)
6位:「正欲」(8323点)
7位:「愛にイナズマ」(7316点)
8位:「君たちはどう生きるか」(7109点)
9位:「市子」(6555点)
10位:「BAD LANDS(バッド・ランズ)」(6133点)
読者選出
日本映画監督賞
瑠東東一郎(るとう・とういちろう)
「Gメン」
 Gメン
脚本賞 「せかいのおきく」
 阪本順治
 せかいのおきく
新人男優賞 塚尾桜雅(おうが)
「ほかげ」
 塚尾桜雅

<2位以下>
2位:柊木陽太(ひいらぎ・ひなた)
3位(同点で2人)
        アフロ
        黒川想矢(そうや)
5位:池川侑希弥(ゆきや)
新人女優賞 アイナ・ジ・エンド
「キリエのうた」
 アイナ・ジ・エンド

<2位以下>
2位:山﨑七海
3位:花瀬琴音
4位(同点で3人)
        呉城(くれしろ)久美
        サリngROCK(サリングロック)
        當真(とうま)あみ
文化映画1位 「キャメラを持った男たち 関東大震災を撮る」
 キャメラを持った男たち 関東大震災を撮る
外国映画1位 「TAR(ター)」
 TAR(ター)

<2位以下>
2位:「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
3位:「枯れ葉」
4位:「EO イーオー」
5位:「フェイブルマンズ」
6位:「イニシェリン島の精霊」
7位:「別れる決心」
8位:「エンパイア・オブ・ライト」
9位:「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」
10位:「ウーマン・トーキング 私たちの選択」
読者選出
外国映画1位
「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
 キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

<2位以下>
2位:「TAR(ター)」
3位:「フェイブルマンズ」
4位:「ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE」
5位:「イニシェリン島の精霊」
6位:「枯れ葉」
7位:「バービー」
8位:「エンパイア・オブ・ライト」
9位:「トリとロキタ」
10位:「ザ・ホエール」
外国映画監督賞 トッド・フィールド
「TAR(ター)」
 TAR(ター)
<授賞式▼>

毎日映画コンクール

作品賞監督賞主演男優賞主演女優賞助演男優賞助演女優賞、 新人賞(男性女性)、 脚本賞撮影賞美術賞音楽賞録音賞アニメ賞大藤信郎賞ドキュメンタリー映画賞

毎日映画コンクール(2024年1月発表)
部門 受賞 ノミネート
作品賞 「せかいのおきく」

せかいのおきく

 監督:阪本(さかもと)順治

(配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)
  • 【次点】「ほかげ」
    ほかげ
     監督:塚本晋也
    (配給:新日本映画社)


  • 「怪物」
    怪物
     監督:是枝裕和
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 「福田村事件」
    福田村事件
     監督:森達也
    (配給:太秦)


  • 「ゴジラ-1.0」
    ゴジラ-1.0
     監督:山崎貴
    (配給:東宝)
    作品説明へ


監督賞 石井裕也

「月」

(配給:スターサンズ)

月
  • 是枝裕和
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)
    怪物


  • 阪本(さかもと)順治
    「せかいのおきく」
    (配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)
    せかいのおきく


  • 塚本晋也
    「ほかげ」
    (配給:新日本映画社)
    ほかげ


  • 森達也
    「福田村事件」
    (配給:太秦)
    福田村事件


  • 山崎貴(たかし)
    「ゴジラ-1.0」
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


主演男優賞 鈴木亮平

「エゴイスト」

(配給:東京テアトル)

鈴木亮平
  • 綾野剛
    「花腐し(はなくたし)」
    (配給:東映ビデオ)


  • 稲垣吾郎
    「正欲」
    (配給:ビターズ・エンド)


  • 藤竜也
    「高野豆腐店の春」
    (配給:東京テアトル)


  • 横浜流星(りゅうせい)
    「春に散る」
    (配給:ギャガ)


主演女優賞 杉咲花(すぎさき・はな)

「市子」

(配給:ハピネットファントム)

杉咲花
  • 安藤サクラ
    「BAD LANDS(バッド・ランズ)」
    (配給:東映、ソニー)
    安藤サクラ


  • 黒木華(はる)
    「せかいのおきく」
    (配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)


  • 菊地凜子
    「658km、陽子の旅」
    (配給:カルチュア・パブリッシャーズ)


  • 趣里(しゅり)
    「ほかげ」
    (配給:新日本映画社)


助演男優賞 宮沢氷魚(ひお)

「エゴイスト」

(配給:東京テアトル)

宮沢氷魚
  • 磯村勇斗(はやと)
    「月」
    (配給:スターサンズ)
    磯村勇斗


  • 宇崎竜童(りゅうどう)
    「BAD LANDS(バッド・ランズ)」
    (配給:東映、ソニー)


  • 加瀬亮
    「首」
    (配給:東宝、角川)


  • 永山瑛太(えいた)
    「福田村事件」
    (配給:太秦)


助演女優賞 広瀬すず

「キリエのうた」

(配給:東映)

広瀬すず
  • 阿川佐和子
    「エゴイスト」
    (配給:東京テアトル)
    阿川佐和子


  • 安達祐実
    「春画先生」
    (配給:ハピネットファントム)


  • 田中裕子
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)
    田中裕子


  • 二階堂ふみ
    「月」
    (配給:スターサンズ)
    二階堂ふみ


新人賞
(男性)
アフロ
※ラップグループ「MOROHA」のメンバー

「さよなら ほやマン」

(配給:東宝、角川)
  • 池川侑希弥(ゆきや)
    「雑魚どもよ、大志を抱け!」
    (配給:東映ビデオ)


  • 黒崎煌代(こうだい)
    「さよなら ほやマン」
    (配給:東宝、角川)


  • 黒川想矢(そうや)
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 塚尾桜雅(つかお・おうが)
    「ほかげ」
    (配給:新日本映画社)


  • 柊木陽太(ひいらぎ・ひなた)
    「怪物」
    (配給:東宝、ギャガ)
    柊木陽太


新人賞
(女性)
サリngROCK(サリングロック)

「BAD LANDS(バッド・ランズ)」

(配給:東映、ソニー)
  • アイナ・ジ・エンド
    「キリエのうた」
    (配給:東映)
    アイナ・ジ・エンド


  • 石田夢実(ゆめみ)
    「遠いところ」
    (配給:ラビットハウス)


  • 當真(とうま)あみ
    「水は海に向かって流れる」
    (配給:ハピネットファントム)


  • 東野絢香(ひがしの・あやか)
    「正欲」
    (配給:ビターズ・エンド)


  • 山崎七海(やまざき・ななみ)
    「渇水」
    (配給:角川)


脚本賞 「せかいのおきく」

 阪本順治

(配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)

せかいのおきく
  • 「雑魚(ざこ)どもよ、大志を抱け!」
     足立紳、松本稔
    (配給:東映ビデオ)


  • 「花腐し(はなくたし)」
     荒井晴彦、中野太
    (配給:東映ビデオ)


  • 「福田村事件」
     佐伯俊道、井上淳一、荒井晴彦
    (配給:太秦)
    福田村事件


  • 「怪物」
     坂元裕二
    (配給:東宝、ギャガ)
    怪物


  • 「正欲」
     港岳彦
    (配給:ビターズ・エンド)


撮影賞 「月」

 撮影:鎌苅洋一

(配給:スターサンズ)

月
  • 「せかいのおきく」
     撮影:笠松則通
    (配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)


  • 「花腐し(はなくたし)」
     撮影:川上皓市、新家子美穂
    (配給:東映ビデオ)


  • 「怪物」
     撮影:近藤龍人
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 「ゴジラ-1.0」
     撮影:柴崎幸三
    (配給:東宝)


  • 「首」
     撮影:浜田毅
    (配給:角川、東宝)


美術賞 「ゴジラ-1.0」

 上條安里

(配給:東宝)

ゴジラ-1.0
  • 「首」
     瀬下幸治
    (配給:角川、東宝)


  • 「花腐し(はなくたし)」
     原田恭明
    (配給:東映ビデオ)


  • 「せかいのきおく」
     原田満生
    (配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)


  • 「怪物」
     三ツ松けいこ
    (配給:東宝、ギャガ)


音楽賞 「658km、陽子の旅」

 ジム・オルーク

(配給:カルチュア・パブリッシャーズ)
  • 「怪物」
     坂本龍一
    (配給:東宝、ギャガ)


  • 「ゴジラ-1.0」
     佐藤直紀
    (配給:東宝)


  • 「キリエのうた」
     小林武史
    (配給:東映)


  • 「せかいのおきく」
     安川午朗
    (配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)


録音賞 「せかいのおきく」

 志満順一

(配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)
せかいのおきく
  • 「月」
     高須賀健吾
    (配給:スターサンズ)
    月


  • 「ゴジラ-1.0」
     竹内久史
    (配給:東宝)
    ゴジラ-1.0


  • 「怪物」
     冨田和彦
    (配給:東宝、ギャガ)
    怪物


  • 「花腐し(はなくたし)」
     深田晃
    (配給:東映ビデオ)


アニメ映画賞 「アリスとテレスのまぼろし工場」
(配給:ワーナー、MAPPA)
大藤信郎賞 「君たちはどう生きるか」
君たちはどう生きるか
ドキュメンタリー映画賞 「『生きる』大川小学校津波裁判を闘った人たち」

歴代の毎日映画コンクール→

ヨコハマ映画祭(2023)

ヨコハマ映画祭の2023年の結果です。

作品賞ベストテン

順位 作品 監督
1位 「ケイコ 目を澄(す)ませて」
 ケイコ 目を澄ませて
三宅唱(しょう)
2位 「せかいのおきく」 阪本順治
3位 「福田村事件」 森達也
4位 「愛にイナズマ」 石井裕也
5位 「正欲」 岸善幸
6位 「月」 石井裕也
7位 「花腐し(はなくたし)」 荒井晴彦
8位 「アンダーカレント」 今泉力哉
9位 「春画先生」 塩田明彦
10位 「ほつれる」 加藤拓也
次点 「ゴジラ-1.0」 山崎貴

個人賞

部門 受賞者
監督賞 石井裕也
「愛にイナズマ」
「月」
新人監督賞 加藤拓也
「ほつれる」
主演男優賞 鈴木亮平
「エゴイスト」
「劇場版 TOKYO MER ~走る緊急救命室」
主演女優賞 岸井ゆきの
「ケイコ 目を澄(す)ませて」
 岸井ゆきの

黒木華
「せかいのおきく」
助演男優賞 磯村勇斗(はやと)
「正欲」
「月」
「波紋」
「渇水」
「最後まで行く」

佐藤浩市
「せかいのおきく」
「愛にイナズマ」
「ファミリア」
「仕掛人・藤枝梅安(二)」他
助演女優賞 中村久美
「高野豆腐店の春」
「アンダーカレント」
新人賞 堀田真由
「バカ塗りの娘」

目黒蓮
「わたしの幸せな結婚」
「月の満ち欠け」
脚本賞 「そばかす」
 アサダアツシ
撮影賞 「ケイコ 目を澄(す)ませて」
 月永雄太
 ケイコ 目を澄(す)ませて
美術賞 「せかいのおきく」
 原田満生
審査員特別賞 松浦慎一郎と彼に導かれたボクシング映画
特別大賞 藤竜也

TAMA映画賞(2023)

TAMA映画賞の2023年の受賞一覧です。
対象作品:2022年10月~2023年9月公開の邦画

部門 受賞者
作品賞 「怪物」
 監督:是枝裕和
 配給:東宝、ギャガ
 公開:2023年6月2日

「雑魚どもよ、大志を抱け!」
 監督:足立紳
 配給:東映ビデオ
 公開:2023年3月24日
男優賞 佐藤浩市
 「春に散る」
 「せかいのおきく」
 「仕掛人・藤枝梅安2」
 「大名倒産」
 「キングダム 運命の炎」
 「ファミリア」
 「映画ネメシス 黄金螺旋の謎」

鈴木亮平
「エゴイスト」
(配給:東京テアトル)
 その他出演作:
 「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」
女優賞 菊地凛子
「658km、陽子の旅」
(配給:カルチュア・パブリッシャーズ)

黒木華
「せかいのおきく」
(配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア)
 その他出演作:
 「ヴィレッジ」
 「映画 イチケイのカラス」
 「ほつれる」
新進監督賞 福永壮志
「山女」
(配給:アニモプロデュース)

金子由里奈
「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」
(配給:イハフィルムズ)
新進男優賞 目黒蓮
「わたしの幸せな結婚」(主演)
 その他出演作:
 「月の満ち欠け」

奥平大兼
 「君は放課後インソムニア」
 「ヴィレッジ」
 「あつい胸さわぎ」
 「映画 ネメシス 黄金螺旋の謎」
新進女優賞 山田杏奈
「山女」(主演)

髙石あかり
 「ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー」
 「Single8」
 「セフレの品格 決意」
 「わたしの幸せな結婚」
 「終末の探偵」
 「ハッピーエンディングス」
 「追想ジャーニー」
特別賞 「君たちはどう生きるか」
(配給:東宝)

「リバー、流れないでよ」
(配給:トリウッド)

ノミネートの事前予想

作品賞主演男優賞主演女優賞助演男優賞助演女優賞新人賞監督賞脚本賞アニメ賞音楽賞外国作品賞 |
レビューランキング▼ | 他の国内映画賞▼

作品賞の予想

有力度 作品名
1位 「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」
 (配給:東宝)
2位 「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
3位 「パーフェクト・デイズ」
 (配給:ビターズ・エンド)
4位 「福田村事件」
 (配給:太秦)
5位 「エゴイスト」
 (配給:東京テアトル)
6位 「キングダム 運命の炎」
 (配給:東宝、ソニー)
7位 「月」
 (配給:スターサンズ)
8位 「首」
 (配給:角川、東宝)

主演男優賞の予想

有力度 俳優
1位 役所広司
「パーフェクト・デイズ」
 (配給:ビターズ・エンド)
2位 鈴木亮平
「エゴイスト」
 (配給:東京テアトル)
3位 東出昌大(ひがしで・まさひろ)
「Winny」
 (配給:KDDI、ナカチカ)

主演女優賞の予想

有力度 俳優
1位 安藤サクラ
「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
2位 宮沢りえ
「月」
 (配給:スターサンズ)
3位 杉咲花(すぎさき・はな)
「市子」
 (配給:ハピネットファントム)
4位 吉永小百合
「こんにちは、母さん」
 (配給:松竹)

助演男優賞の予想

有力度 俳優
1位 磯村勇斗
「正欲」(ビターズ・エンド)
「月」(スターサンズ)
2位 宮沢氷魚(ひお)
「エゴイスト」
 (配給:東京テアトル)
3位 加瀬亮
「首」
 (配給:角川、東宝)
4位 佐藤浩市
「仕掛人・藤枝梅安2」(イオン)
「愛にイナズマ」(東京テアトル)
5位 柊木陽太(ひいらぎ・ひなた)
「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)

助演女優賞の予想

有力度 俳優
1位 阿川佐和子
「エゴイスト」
 (配給:東京テアトル)
2位 二階堂ふみ
「月」
 (配給:スターサンズ)
3位 田中裕子
「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
4位 広瀬すず
「キリエのうた」
 (配給:東映)

新人俳優賞の予想

有力順位 俳優
男優枠1位 柊木陽太(ひいらぎ・ひなた)
「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
女優枠1位 アイナ・ジ・エンド
「キリエのうた」
 (配給:東映)

監督賞の予想

有力度 作品
1位  山崎貴
「ゴジラ-1.0」
 (配給:東宝)
2位  ビム・ベンダース
「パーフェクト・デイズ」
 (配給:ビターズ・エンド)
3位  是枝裕和
「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
4位  石井裕也
「月」
 (配給:スターサンズ)

脚本賞の予想

有力度 作品
1位  坂元裕二
「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
2位  佐伯俊道、井上淳一、荒井晴彦
「福田村事件」
 (配給:太秦)
3位  港岳彦
「正欲」
 (配給:ビターズ・エンド)

アニメ賞の予想

有力度 作品
1位 「君たちはどう生きるか」
 (配給:東宝)
2位 「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」
 (配給:東映)
3位 「BLUE GIANT(ブルー・ジャイアント)」
 (配給:東宝)
4位 「窓ぎわのトットちゃん」
 (配給:東宝)
5位 「名探偵コナン 黒鉄(くろがね)の魚影(サブマリン)」
 (配給:東宝)

音楽賞の予想

有力度 作品
1位  久石譲
「君たちはどう生きるか」
 (配給:東宝)
2位  坂本龍一
「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
3位  佐藤直紀
「ゴジラ-1.0」
 (配給:東宝)
4位  上原ひろみ
「BLUE GIANT」
 (配給:東宝)
5位  小林武史
「キリエのうた」
 (配給:東映)

撮影賞の予想

有力度 作品
1位 「パーフェクト・デイズ」
 (配給:ビターズ・エンド)
2位 「ゴジラ-1.0」
 (配給:東宝)
3位 「せかいのおきく」
 (配給:東京テアトルほか)
4位 「月」
 (配給:スターサンズ)

美術賞の予想

有力度 作品
1位 「ゴジラ-1.0」
 (配給:東宝)
2位 「首」
 (配給:角川、東宝)
3位 「せかいのおきく」
 (配給:東京テアトルほか)
4位 「キングダム 運命の炎」
 (配給:東宝、ソニー)

録音賞の予想

有力度 作品
1位 「ゴジラ-1.0」
 (配給:東宝)
2位 「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
3位 「正欲」
 (配給:ビターズ・エンド)

編集賞の予想

有力度 作品
1位 「怪物」
 (配給:東宝、ギャガ)
2位 「ゴジラ-1.0」
 (配給:東宝)
3位 「正欲」
 (配給:ビターズ・エンド)

外国作品賞の予想

有力度 作品名
1位 「ミッション・インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」
 (配給:東和ピクチャーズ)
2位 「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
 (配給:東和ピクチャーズ)
3位 「バービー」
 (配給:ワーナー)
4位 「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」
 (配給:ソニー)
5位 「パリタクシー」
 (配給:松竹)
6位 「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」
 (配給:東宝東和)
7位 「AIR/エア」
 (配給:ワーナー)

作品紹介

作品賞などのノミネート有力作品です。

有力候補
「怪物」

怪物

小学校を舞台にした物語。息子の行動に不気味な変化を感じた母親が、教師と対峙する。サスペンス系ドラマ。

3部構成になっており、一つの事件を3つの異なる視点で描く。細密な筋書きとトリッキーなストーリー構造によって、観客の感情移入を揺さぶる。

名匠・是枝裕和監督の17作目の長編映画。 2018年の「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞(パルムドール)を獲り、アカデミー賞の国際映画賞にもノミネート。 その後、フランスと韓国でそれぞれ映画を1本撮り、久しぶりの邦画となった。

今作のポイントは、脚本を坂元裕二が書いたこと。坂元氏は過去30年以上にわたって卓越したシナリオ筆力で日本のお茶の間を楽しませてきた和製ドラマ界のナンバー1ライター。2021年には、映画「花束みたいな恋をした」の脚本を手掛け、全国の劇場を感動で包んだ。

是枝監督はデビュー作以外はすべて自分の脚本で映画を撮ってきた。もし他の人の脚本で映画をつくるなら「坂元さんしかいない」と語るなど、大のお気に入りだった。

東宝の名プロデューサー・川村元気らの橋渡しによって、是枝&坂元という夢のタッグが実現。カンヌ国際映画祭で見事に脚本賞を受賞した。

ちなみに映画「花束みたいな恋をした」は、コロナ禍にもかかわらず、38億円の興行収入を稼いだ。口コミで高評価が伝わり、ロングランになった結果だった。「東京テアトル」と「リトルモア」という独立系配給会社の作品であり、かつ、完全なオリジナル作品としては、極めて異例の成功だった。何よりも坂元氏による台本が輝いた。

しかし、日本アカデミー賞は、脚本賞にノミネートすらしなかった。

続きを開く▼
故・坂本龍一によって作曲され、演奏された、悲しげで繊細なサウンドトラックも至宝。書き下ろしは2曲。それ以外は、過去の作品から編成された。

ロケ地である長野県諏訪市の湖畔の景色も見事に使われている。 暗く湿ったトンネルの先にある緑豊かな植物に囲まれた廃墟の鉄道車両は、大人の干渉から遠く離れた安全な場所であり、ここで子供たちは自分たちの気持ちを整理する。


 監督:是枝裕和
 脚本:坂元裕二
 出演:安藤サクラ、永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太、田中裕子、高畑充希、角田晃広、中村獅童

 公開日:2023年6月2日
 配給:東宝、ギャガ
 長さ:2時間6分

【ノミネート有力部門】
 作品賞
 監督賞
 脚本賞
 主演女優賞(安藤サクラ)
 助演女優賞(田中裕子)
 助演男優賞(柊木陽太ほか)
 新人俳優賞(黒川想矢、柊木陽太)
 音楽賞(坂本龍一)
 編集賞
 録音賞
 撮影賞・照明賞

【他の賞の受賞実績】
 カンヌ国際映画祭 脚本賞

【評価】
 キネノート:82.2(最新→
 フィルマークス:4.3(最新→
 ロッテン・トマト:97%(最新→
 IMDB:7.5(最新→
 メタクリティック:80%(最新→
 レターボックス:3.9(最新→

<坂本龍一の音楽「Monster1」▼>



動画集を開く▼ <音楽「Monster2」▼>


<音楽「hwit」▼>


<音楽「hibari」▼>


<監督インタビュー▼>


<予告編▼>


<茶一郎の解説▼>

「パーフェクト・デイズ」

パーフェクト・デイズ

 監督:ビム・ベンダース(ドイツの巨匠。「パリ、テキサス」「ベルリン・天使の詩」など)
 主演:役所広司
 他の出演者:柄本時生(えもと・ときお)ほか

 公開日:2023年12月22日
 言語:日本語
 製作国:日本、ドイツ
 配給:ビターズ・エンド
 長さ:2時間4分

【ノミネート有力部門】
 作品賞
 監督賞
 男優賞

【他の賞の受賞実績】
 カンヌ国際映画祭 男優賞(役所広司)

【評価】
 ロッテン・トマト:100%(最新→
 IMDB:7.8(最新→
 メタクリティック:74%(最新→
 レターボックス:4.0(最新→

動画集を開く▼ <役所広司のカンヌ受賞スピーチ▼>
「首」

首

 監督:北野武
 出演:北野武、西島秀俊ほか

 公開日:2023年11月23日
 言語:日本語
 製作国:日本
 配給:東宝、角川
 長さ:2時間11分

【評価】
 ロッテン・トマト:75%(最新→
 IMDB:7.0(最新→
 メタクリティック:67%(最新→
 レターボックス:3.0(最新→

動画集を開く▼ <予告編▼>


<北野武インタビュー▼>