日本映画レビュー年間ランキング

2022年公開の日本映画のレビュー年間ランキングです。 「キネノート(キネマ旬報)」「映画.com」「フィルマークス」におけるレビュー(評点)の平均点です。 媒体としての実績・歴史・信頼度等をふまえ、キネノートは1.5倍、映画.comは1倍、フィルマークスは0.5倍とする傾斜配分方式を採用しています。 (2022年7月5日時点)

<映画レビュー評価ランキング(年間)>
作品名 評点
「メタモルフォーゼの縁側(えんがわ)」
(配給:日活)
4.055
「マイスモールランド」
(配給:バンダイナムコアーツ)
4.028
「恋は光」
(配給:ハピネットファントム・スタジオ、KADOKAWA)
4.017
「ハケンアニメ」
(配給:東映)
4.000
「五等分の花嫁」
(アニメ)
(配給:ポニーキャニオン)
3.993
「ちょっと思い出しただけ」
(配給:東京テアトル)
配信(アマゾン)
3.977
「映画 ゆるキャン△」
(アニメ)
(配給:松竹)
3.973
「愛なのに」
(配給:POTTED PRODUCTIONS)
3.953
「コンフィデンスマンJP 英雄編」
(配給:東宝)
3.939
「キングダム2 遥かなる大地へ」
(配給:東宝)
3.940
「流浪(るろう)の月」
(配給:ギャガ)
3.915
「スープとイデオロギー」
(配給:東風)
3.894
「神は見返りを求める」
(配給:パルコ)
3.874
「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.871
「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」
(アニメ)
(配給:東映)
3.854
「さがす」
(配給:アスミック・エース)
配信(アマゾン)
3.838
「余命10年」
(配給:ワーナー)
配信(アマゾン)
3.818
「猫は逃げた」
(配給:SPOTTED PRODUCTIONS)
3.791
「PLAN 75」
(配給:ハピネットファントム・スタジオ)
3.753
「犬王」
(アニメ)
(配給:アニプレックス、アスミック・エース)
3.751
「ブルーサーマル」
(アニメ)
(配給:東映)
3.741
「春原さんのうた」
(配給:イハフィルムズ)
3.727
「死刑にいたる病」
(配給:クロックワークス)
3.719
「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.691
「シン・ウルトラマン」
(配給:東宝)
3.676
「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」
(アニメ)
(配給:東宝)
3.638
「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」
(アニメ)
(配給:東京テアトル)
3.625
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」
(アニメ)
(配給:松竹)
3.610
「こちらあみ子」
(配給:アークエンタテインメント)
3.595
「女子高生に殺されたい」
(配給:日活)
配信(アマゾン)
3.593
「Ribbon」
(配給:イオンエンターテイメント)
3.523
「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」
(配給:ワーナー)
3.406
「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」
(配給:ワーナー)
3.282
<ワーストランキング(年間)>
作品名 評点
「大怪獣のあとしまつ」
(配給:松竹、東映)
配信(アマゾン)
2.612
参考(2022年の日アカ作品賞ノミネート)
「ドライブ・マイ・カー」 3.958
「すばらしき世界」 4.069
「キネマの神様」 3.546
「護られなかった者たちへ」 3.868
「孤狼の血 LEVEL2」 3.903

作品賞のノミネート候補

「さがす」

さがす

配給:アスミック・エース
監督:片山慎三

失踪した父親を捜す女子中学生が、指名手配中の殺人犯に遭遇し、衝撃の真実を知る。

失踪した父親と殺人犯の関係とは?

『岬の兄妹』(2018)の片山愼三監督の商業デビュー作。

苦しい生活のなか、失踪した父親をひとり娘が捜索する。

大阪の下町で貧乏ながらも明るく暮らしていた智(佐藤二郎)と楓(伊東蒼)の親子。

だが、智が突然失踪したことから、楓はクラスメイトの豊(石井正太朗)と共に、父親の捜索を開始。

彼女は工事現場で智の名をかたる青年と遭遇するが、その男の正体は連続殺人事件の容疑者で、300万円の懸賞金の懸かった"名無し"(清水尋也)だった。

楓は警察に相談するが相手にされず。

"名無し"は智を知っていた。

「余命10年」

余命10年

配給:ワーナー・ブラザース
監督:藤井道人

小坂流加の小説を藤井道人監督が小松菜奈、坂口健太郎の共演で映画化。 不治の病で余命10年を告げられた20歳の女性が、同窓会で再会した青年と恋に落ちる。

命の期限を知る女性と未来の見えない男性の純愛

小坂流加が余命宣告を受けながらも著した小説を、『新聞記者』(2019)の藤井道人監督が映画化。

小松菜奈と坂口健太郎が、終わりの決まっている悲しき恋路を歩む男女を演じる。

主題歌も担当したRADWlMPSが、実写映画では初めて劇伴を手掛けた。

数万人にひとりという病気で余命が10年だと医師に宣告された20歳の女性、茉莉(小松菜奈)。

もう恋はしないと決めていた彼女だったが、同窓会で再会した和人(坂口健太郎)が自殺未遂をしたことをきっかけに急接近。

彼への思いが徐々に募り、茉莉はひとり悩む。

胸に迫る愛の物語を生み出した3つの要素

自費出版から火が付いた原作

原作は自費出版で発表され、SNSで人気が広まったベストセラー小説。

2017年に死去した原作者の思いが投影された物語は、生きる喜びと切なさにあふれている。

主演2人の繊細な演技

小松と坂口は本作で初共演。

温かな関係性を築きながらも、病を告白できない茉莉と、何かを隠されていることに傷つく和人のやるせなさを、2人が細やかに表現する。

藤井道人監督の新境地

政治の裏側ややくざの世界など、社会派作品を手掛けてきた藤井監督が恋愛映画に挑戦。

茉莉を、小説家を夢見る設定に変えるなど、原作者の人物像を反映させた。

茉莉に生きる勇気を与えられた和人。

一万、茉莉は相人には病気のことを秘密にする。

「ちょっと思い出しただけ」

ちょっと思い出しただけ

配給:東京テアトル
監督:松居大悟

男性のダンサーと女性タクシー運転手の6年間に及ぶ愛の軌跡を辿る。

別れから6年、男女の胸に去来するもの

『ナイト・オン・ザ・プラネット』(1991)から着想した尾綺世界観の楽曲に触発された、松居大悟監督オリジナルの恋愛映画。

破局にいたった男女の6年間の愛の軌跡を、各年の7月26日を遡って描く。

2021年、舞台の照明スタッフとして働く照生(池松壮亮)と、コロナ禍の東京を流すタクシー運転手の葉(伊藤沙莉)。

かつて恋人同士だった彼らの日々を1年ごとに遡り、結婚を意識した瞬間や、照生がダンサーの夢を諦めたけがなどを映し出す。

交際中の2人は、葉のタクシーで夜の東京をデートしたこともあった。

「愛なのに」「猫は逃げた」

<愛なのに>

愛なのに

<猫は逃げた>

猫は逃げた

城定秀夫×今泉力哉の競作プロジエクト

今泉力哉&城定秀夫監督が、互いの脚本を提供し合ってR15のラブ・ストーリー2作を制作するプロジェクト「L/R15」。

城定監督の『愛なのに』は、昔のバイト仲間の女性が忘れられない古書店店主(瀬戸康史)が女子高生に結婚を申し込まれるコメディ。

今泉監督の『猫が逃げた』は、離婚寸前の夫婦の飼い猫が失踪したことから、互いの仕事仲間にして恋人を巻き込んだ騒動に発展する。

「ハケンアニメ!」

ハケンアニメ!

直木賞作家、辻村深月の同名小説を実写映画化。

アニメ業界で覇権を取るために、新人監督の瞳が、同じ時間帯に放送される天才監督、王子の作品との視聴率競争に臨む。

アニメ・ファンや業界が注目するなか、勝負の行方は?

主演は瞳役の吉岡里帆と王子役の中村倫也。

劇中アニメの制作にはProduction I.Gなどのプロダクションや有名クリエイターが参加。

東映アニメーションが監修を手掛けた。

監督は『水曜日が消えた』(2020)の吉野耕平。

原作の辻村が企画&脚本の段階からアイデアを提供し、劇中アニメ全24話のプロットも作成した。