ノミネート予想一覧

部門 受賞 ノミネート
作品賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定

■■↓高い評価を得ている作品↓■■

  • スパイの妻
    (配給:ビターズ・エンド)
    (公開:2020年10月16日)
     予告編→
    ※ベネチア映画祭の監督賞
  • ミッドナイトスワン
    (配給:キノフィルムズ)
    (公開:2020年9月25日)
     予告編→
  • 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン
     予告編→
    (配給:松竹/製作:京アニ)
    (公開:2020年9月18日)
  • 朝が来る
     予告編→
    (配給:キノフィルムズ)
    (公開:2020年10月23日)
    ※カンヌ国際映画祭の公式選出作品
  • ラストレター
    (配給:東宝)
    (公開:2020年1月17日)
     予告編→
     動画配信(Amazon)→
    ※TAMA映画賞の作品賞
  • 海辺の映画館―キネマの玉手箱
    (配給:アスミック・エース)
    (公開:2020年7月31日)
     予告編→
    ※TAMA映画賞の作品賞

 ※歴代の作品賞→
アニメ作品賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定

■■↓高い評価を得ている作品↓■■

  • 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン
     予告編→
    (配給:松竹/製作:京アニ)
    (公開:2020年9月18日)
  • 鬼滅の刃(きめつのやいば)無限列車編
     予告編→
    (配給:東宝、アニプレックス/製作:ユーフォーテーブル)
    (公開:2020年10月16日)

 ※歴代のアニメ賞→
主演男優賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定

■■↓高い評価を得ている演技↓■■

  • 草彅剛(くさなぎ・つよし)
    ミッドナイトスワン」(キノフィルムズ)
     作品一覧→


 ※歴代の受賞者→
主演女優賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定

■■↓高い評価を得ている演技↓■■

  • 蒼井優(あおい・ゆう)
    スパイの妻」(ビターズ・エンド)
     作品一覧→


 ※歴代の受賞者→
助演男優賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定

 ※歴代の受賞者→
助演女優賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定

 ※歴代の受賞者→
監督賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定

■■↓高い評価を得ている監督↓■■

  • 黒沢清
    「スパイの妻」(ビターズ・エンド)
     作品一覧→


 ※歴代の受賞者→
脚本賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
外国作品賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
音楽賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
撮影賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
美術賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
録音賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
照明賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
編集賞 2021年3月19日(金)の夜に発表 2021年1月ごろ発表予定
新人俳優賞 2021年1月ごろ発表予定

作品賞のノミネート候補

スパイの妻

戦争直前の軍国主義下の日本において、恐ろしい国家機密を握ってしまった民間人と、その妻の物語。スリリングな夫婦劇。原作はない。オリジナル・ストーリー。ベネチア国際映画祭で監督賞を受賞した。

舞台は1940年の神戸。太平洋戦争が近づき、軍国主義に基づく統制が強まっていた。主人公は、貿易会社を経営する青年実業家と、その妻である。この実業家は中国・満州を仕事で訪れた際、日本の関東軍の研究施設において、非人道的なことが行われていることを知る。それは日本政府にとっては最重要の国家機密だった。実業家は、非人道的な行為を国際政治の場で告発しようろと企てる。妻は、そんな夫の言動に戸惑う。

妻役を蒼井優(あおい・ゆう)が演じる。夫役は高橋一生(たかはし・いっせい)。

もともとは、NHKのテレビ番組用に製作された。超高精細の8K映像で撮影した。テレビ版を映画版に編集した。

受賞歴

ベネチア国際映画祭監督賞(銀獅子賞)




アニメ作品賞のノミネート候補

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、京都アニメーション(京アニ)製作の映画。 殺りく兵士から手紙の代筆屋に転身した少女をめぐる「愛と成長」の物語である。 繊細な筆致で描かれた感動のラブ・ストーリー。 京アニらしい高い品質。 2020年9月18日の公開以来、大絶賛の嵐となっている。

完全な新作

2018年のテレビ番組の映画化である。しかし、劇場版は完全な新作だ。 主人公ヴァイオレットの運命的な恋愛の行方にスポットをあてている。

テレビ見てなくても楽しめる

物語の時系列としては、テレビ版の後の世界を描いている。 しかし、テレビ版を見たことがなくても、十分に楽しめる。 事前の知識がなくても大丈夫。

放火殺人事件

2019年7月の京アニ放火殺人事件では、36人の命が奪われた。 これによって、本作の製作も遅れ、当初2020年1月10日の公開予定が延期になった。その後、コロナウイルスで再び延期になっていた。 本作のエンドロールでは、放火の犠牲となった美術監督の渡邊美希子さん(享年35歳)や小物設定の高橋博行さん(享年48歳)らも名を連ねている。 戦後最悪の殺人事件という惨事に見舞われながら、完成を遂げた渾身の一作だ。 京都の映画館での舞台挨拶で、石立太一監督は「今回、ここに立てていることが夢みたい。完成できるか分からなかったが、今やれることを全力で込めようと京アニ全てのスタッフが頑張った」と語った。

コロナで再延期

壮大なラブストーリーである。まさに「愛」がテーマ。涙あふれる感動物語。絵も美しい。人物だけでなく、風景などの描写も見事。

心理描写

登場人物の心理や感情の動きを繊細に描く表現が特徴的である。 テレビ番組でも評価が高かったが、劇場版ではさらに磨かれた。 テレビよりもさらにドラマチック。

美しい映像

100年ほどの前の時代が舞台となっている。 緻密な風景の描写は、 芸術的な美しさに満ちている。景色が壮大で、劇場版らしさが出ている。

「言葉」の重み

手紙に綴られる言葉や、セリフの一言一言に重み、深みがある。 人間らしい温かみがあふれている。

内容

題名の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、主人公の名前である。 女性だ。 彼女は、孤児だった。 裕福な軍人の一族にひきとられ、兵士として育てられた。 その後、戦場で活躍した。

戦争が終結し、兵士としての役目は終わった。 今度は、手紙の代筆業の仕事に従事することになった。

戦うためだけに育てられた彼女は、 愛というものを知らなかった。 しかし、ギルベルト少佐と出会ってから言葉を覚え、 やがて人間らしい感情を抱くようになった。 今は郵便局において、手紙を代筆する仕事をしている。 この仕事は、通称「自動手記人形(ドール)」と呼ばれていた。 代筆の仕事を通して、 さまざまな愛のかたちを知るようになる。

テレビと劇場版の違い

ヴァイオレット本人の「愛」

劇場版は、ヴァイオレット本人の「愛」の行方に、スポットが当てられている。 ギルベルト少佐が戦場で別れる際に告げた「愛している」の意味を、ヴァイオレットが探し求める物語となっている。

超一流の代筆屋

テレビ版では、ヴァイオレットが立派な代筆屋さんになる過程が描かれていた。 劇場版では、すでに超一流の代筆屋さんとして絶大な評価を確立しているヴァイオレットの活躍を見ることができる。

テレビ版はネトフリで配信

テレビ版は、ネットフリックス(Netflix)でも動画配信されている。

大ヒット

事前の予想をしのぐ大ヒットとなった。良好な興行成績を記録。しかも、それが長く続いた。

高レビュー・とても良い評判

各種のレビューサイトで高得点を獲得した。 とても評判が良い。

クランチロールアニメアワードで作品賞を受賞

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは海外のアニメファンからも高い評価を得ている。 2019年のクランチロールアニメアワードで、テレビ版がアニメ作品賞を受賞した。



映画レビュー得点表

作品名 レビューサイトの平均点
(映画.com、フィルマークス、映画の時間)
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 4.53
ミッドナイトスワン 4.33
3.89
海辺の映画館―キネマの玉手箱 3.87
ラストレター 3.66
参考(2020年の作品賞ノミネート)
新聞記者 3.93
翔んで埼玉 3.88